妊娠線とは

妊娠線は、女性が妊娠することによりお腹などの皮ふが膨れ上がり、それに皮ふがついていけなくなって、線が出てきます。お腹に線が出てきたり、下半身に線が走っていたりと妊娠線が出来ます。妊娠線は、妊娠することによりなるものですから、大切な子供を産んだ証にもなるのです。こんな妊娠線について説明していきます。

この妊娠線は、具体的には線状皮膚萎縮症といいます。これは、厳密にいえば皮ふの病気です。この治療法は確立されていないです。しかし、この妊娠線を軽減するためにマッサージをしたり、クリームを使用したりして、少しでも跡が残らないように工夫しています。さて、この妊娠線ですが皆さんの中には跡を残したくないと考えている人もいるはずです。そこで、後で妊娠線を残さないコツも説明していきます。

さて、妊娠線が出来たときの跡を残しづらくする方法として保湿と新陳代謝が必要です。先述したように妊娠線は皮ふの病気ですから、保湿をすることに皮ふは生まれ変わってきますし、新陳代謝が活発になると、身体の様子もいい方向に変化していきます。そのように考えますと、自ずと食生活でも同じ様に、身体の代謝が盛んになるようにすると、完全には無くならないものの自然と妊娠線の跡が少なくなっていくものなのです。また、人の体型や性質から妊娠線になりやすい人やなりにくい人もいます。実際に全体の7割は妊娠線が残るといわれている妊娠線について話を深めていきます。