でも妊娠線はグッド

妊娠線の話も最後になりました。妊娠線は7割の方がなると言われ、残りの3割は出来ないと言われております。しかし、急激な体重増加にならないように食事調整をすることや、クリームなどで保湿や新陳代謝を活発にさせることなどもありますが、その他にも方法があります。

それは、お腹を保護する腹帯を利用することです。お腹が膨れやすい時期に身体を温めたりすることにより、保湿や新陳代謝の効果も出るのです。その他、腰を痛めやすい時期でもありますので、クッションなどを利用することも必要です。また、旦那さんは積極的に手伝いなどを進んで行い妻を助けることにより、ストレスが緩和します。さらに、入浴などもコマ目にとることにより、身体の新陳代謝を早め、妊娠線の防止にも繋がるのです。

最後に、妊娠線は跡が大きく残ると精神的に落ち込むのも分かりますが、妊娠線とは子供を宿った証で素晴らしいものなのです。そして、子供を母乳で育てたりすることで痩せたりすることで妊娠線が改善される場合もあります。人が今まで、昔からしていることを続けることが必要なのかもしれないのです。そのように考えますと、妊娠線とは愛しいものであり、お腹を痛めた証拠でもあるのです。

コルチコステロイド

妊娠線が出来る原因の1つとして、コルチコステロイドが考えられます。体の中にコルチコステロイドが増えると、新陳代謝が抑えられ肌も乾燥ぎみになり妊娠線が出来やすくなります。このようにコルチコステロイドというホルモンを抑えることも、妊娠線の予防にもなります。正確には、コルチコステロイドは副腎皮質ホルモンをまとめたものであり、糖質コルチコイドや鉱質コルチコイドに分けられます。

糖質コルチコイドでは、肝臓での促進作用により血糖値を上昇させます。さらに、鉱質コルチコイドは腎臓でナトリウムイオンの再吸収を行います。このように、コルチコステロイドが活発化されることにより、妊娠線が出来やすくなりますので、血糖値の上昇で老化が早まります。さらに、腎細管においてナトリウムイオンの再吸収やカリウムイオンを排出します。このことで、筋力が低下したり、腸が麻痺する症状も見られ妊娠線をつくる原因になります。

このようにホルモンの働きから考えると、腎臓の側にある副腎の表皮である副腎皮質からホルモンが出され、老化を早めたり、筋力が低下するなどで、身体が衰えた状態になり、妊娠線が出てくるのです。それを回避するためには、コルチコステロイドが抑えられることが必要なのです。そんな対処法も踏まえ次の説明に移ります。

皮ふの様子

先述してますが妊娠線は、皮ふの病気です。結婚も子供もまだという方なら妊娠線なんて大した問題ではないのではないかと考えると思うのです。しかし、一度結婚して妊娠してしまうと少しでも妊娠線は残したくないと考えるのも分かります。この妊娠線の皮ふの様子を説明します。

皮ふには表面に表皮、その下に真皮、さらにその下に皮下組織があります。妊娠したことでお腹が大きくなったり、当然身体が大きくなります。ところが、その大きくなることに皮ふの真皮や皮下組織が耐えられなくなってヒビが入ったりするのです。このヒビが身体での膨れ上がった跡になります。このような跡が残るのは妊娠5ヶ月から7ヶ月といわれ、お腹が大きくなる頃なのです。

この妊娠線ですが、体重の増加が大きいと妊娠線が大きく生じると考えられます。そこで、子供を産むときは、小さく育てて生まれてから大きく育てるとよいといういい伝えも、この妊娠線と関連があるのです。そこで、体重が大きく変動しないように食事調整が必要な方もいるはずです。それから、ストレスを溜めないことも重要です。ストレスを溜めないことにより、生まれてくる赤ちゃんにとっても良い訳です。それから乾燥肌になると妊娠線が出やすいとも言われております。

妊娠線とは

妊娠線は、女性が妊娠することによりお腹などの皮ふが膨れ上がり、それに皮ふがついていけなくなって、線が出てきます。お腹に線が出てきたり、下半身に線が走っていたりと妊娠線が出来ます。妊娠線は、妊娠することによりなるものですから、大切な子供を産んだ証にもなるのです。こんな妊娠線について説明していきます。

この妊娠線は、具体的には線状皮膚萎縮症といいます。これは、厳密にいえば皮ふの病気です。この治療法は確立されていないです。しかし、この妊娠線を軽減するためにマッサージをしたり、クリームを使用したりして、少しでも跡が残らないように工夫しています。さて、この妊娠線ですが皆さんの中には跡を残したくないと考えている人もいるはずです。そこで、後で妊娠線を残さないコツも説明していきます。

さて、妊娠線が出来たときの跡を残しづらくする方法として保湿と新陳代謝が必要です。先述したように妊娠線は皮ふの病気ですから、保湿をすることに皮ふは生まれ変わってきますし、新陳代謝が活発になると、身体の様子もいい方向に変化していきます。そのように考えますと、自ずと食生活でも同じ様に、身体の代謝が盛んになるようにすると、完全には無くならないものの自然と妊娠線の跡が少なくなっていくものなのです。また、人の体型や性質から妊娠線になりやすい人やなりにくい人もいます。実際に全体の7割は妊娠線が残るといわれている妊娠線について話を深めていきます。