でも妊娠線はグッド

妊娠線の話も最後になりました。妊娠線は7割の方がなると言われ、残りの3割は出来ないと言われております。しかし、急激な体重増加にならないように食事調整をすることや、クリームなどで保湿や新陳代謝を活発にさせることなどもありますが、その他にも方法があります。

それは、お腹を保護する腹帯を利用することです。お腹が膨れやすい時期に身体を温めたりすることにより、保湿や新陳代謝の効果も出るのです。その他、腰を痛めやすい時期でもありますので、クッションなどを利用することも必要です。また、旦那さんは積極的に手伝いなどを進んで行い妻を助けることにより、ストレスが緩和します。さらに、入浴などもコマ目にとることにより、身体の新陳代謝を早め、妊娠線の防止にも繋がるのです。

最後に、妊娠線は跡が大きく残ると精神的に落ち込むのも分かりますが、妊娠線とは子供を宿った証で素晴らしいものなのです。そして、子供を母乳で育てたりすることで痩せたりすることで妊娠線が改善される場合もあります。人が今まで、昔からしていることを続けることが必要なのかもしれないのです。そのように考えますと、妊娠線とは愛しいものであり、お腹を痛めた証拠でもあるのです。